注意が必要な頸部の病気

頸部脊柱管狭窄症の悩みで苦しんでいるならきちんと適切な処置をしておく必要がありますよ。場合によっては外科手術も必要になります。

脊髄が圧迫されて痛い

女性

背骨は首から腰にかけて伸びている骨の連なりであり、椎骨という骨から構成されています。椎骨は中が空洞になっていて、内部に脊髄が通っています。背骨の中に続いているこの管状の空間を脊柱管といいますが、この脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまい、脊髄を圧迫することがあります。このような症状を脊柱管狭窄症といいます。脊柱管狭窄症は頸椎から腰椎にかけての背骨のどの部分にも発症する可能性がありますが、このうち特に頸椎部分に症状が出るものを頸部脊柱管狭窄症と呼んでいます。頸部脊柱管狭窄症はごく初期の頃は寝違え程度の違和感しか自覚症状がありませんが、放置しておくと深刻な状況におちいることがあるので注意が必要です。おかしいと思ったら早めに医師の診断を受けることが推奨されます。

下半身に症状が出ることも

頸部脊柱管狭窄症は頸部への外傷がもとで引き起こされることもありますが、多くは組織の老化によって徐々に進行していきます。主な症状としては上肢や指先の痛みやしびれ、肩・首の筋肉のこりや緊張、握力の低下などが挙げられます。重度のものになると上半身が思うように動かせなくなったり、下肢にまで痺れなどの症状が出ることがあります。頸部脊柱管狭窄症の治療は整形外科が中心となって行います。軽度の場合は頸部をコルセットで固定したり、時折ストレッチを取り入れたりといった保存療法が選択されます。首から上を器具で引っ張る牽引療法も有効な治療手段の1つとなっています。痛みが激しいときは、神経の伝達路を遮断する神経ブロック療法が採用されます。さらに重度の場合は脊髄を圧迫している骨や靱帯を削る手術が行われることもあります。

脊柱管が狭窄する病気

女性

首の骨にかけて存在している、脊髄を守るトンネルの役割を担う脊柱管が狭くなってしまう病気を「頸部脊柱管狭窄症」と言います。「頸部脊柱管狭窄症」は、病気の進行ペースが比較的ゆるやかであり、慢性化しやすく病気に気がつきにくい傾向が高いという特徴があります。

痛みとの闘い

女性

頸椎椎間板ヘルニアの多くは、セルフケアなどで、痛みをうまくコントロールしながら自然治癒を待ちます。無理のない程度のストレッチなどでヘルニアの悪化を防ぎ、痺れや痛みがある場合は、頸椎椎間板ヘルニアの検査をするようにお勧めします。

首の神経を圧迫する病気

女性

頸椎椎間板ヘルニアにかかっているかどかはX線撮影やCTスキャンなどの検査でわかります。治療法は保存療法と外科的手術がありますが、今は手術で完全に症状の進行を止めることができます。早期発見が大切なので、首の痛みや肩こりがひどい時は医師の診察を受けた方が安心です。