脊柱管が狭窄する病気

病気の特徴

女性

頸部脊柱管狭窄症とは、頸椎という首の骨にかけて存在する脊柱管(脊髄を守るトンネル)が狭くなってしまう病気です。脊柱管が狭くなってしまうことによって、身体には様々な症状が現れます。頸部脊柱管狭窄症の特徴としては、慢性化しやすく、首の脊柱管が細く狭まっていることが明確であるということが挙げられます。症状は頚椎ヘルニアと似通っているものの、MRIやCTなどの画像で頸部脊柱管狭窄症であることを確認することが出来ます。頸部脊柱管狭窄症でみられる主な症状には、上腕の外側に生じる痛みや痺れ、首や肩の筋肉にみられる緊張や強いコリ、指先の痺れ、握力の低下に伴う手または指先の不自由などがあります。老化や加齢による靭帯の骨化や肥厚、外部からの圧迫による脊柱管の狭窄が発症原因に挙げられるものの、むち打ちや頚椎ヘルニアの経験がある場合にも注意が促されています。

今後の展望

頸部脊柱管狭窄症は、発病しても進行するペースがゆっくりしていることもあり、慢性化しやすいだけでなく、発病したことにさえ気付きにくい傾向にあります。そのため、前述したような症状がみられる場合には、早めに医療機関を受診することが推奨されています。頸部脊柱管狭窄症を発症し、病態や狭窄が進行すると、神経の症状が重い頸椎症性脊髄症になってしまったり、外傷を受けた場合には非骨傷性頸髄損傷を患ってしまう危険性もあります。頚の病気は命に関わる場合も少なくは無く、頚椎も頭と身体を繋いでいる重要な部分です。頚椎に異常がある状態では、脳からの指令が身体全体に上手く伝えられず、内臓や神経、血管などにも悪影響を与えてしまうのです。頸部脊柱管狭窄症の治療方法として、手術を用いるケースが多い傾向にあります。最近では、活性免疫温活療法などで血流や体質の改善を試みるなど、リスクが少ない治療方法も出てきており、今後更に頸部脊柱管狭窄症に対する治療方法の幅や選択肢が広がるものと考えられています。